今日のブログ担当はまだまだ音ゲーモチベ上がりっぱなしの店長です!

実は前回のブログ更新時に体調崩しちゃってまして…😵 誕生日プレゼントは熱と頭痛と喉の腫れになりました。なんて誕生日だったんだ…

なので前回の記事ちょっと文章とか色々おかしくなってる部分もあったかもしれません、許してくださいお願いしますなんでもはしませんから

あ、今はほぼ回復したので元気にブログ書いていきますよ٩( ‘ω’ )و

 

今回はちょっと、というか割とレベル高めなお話をしたいと思います。モチベ上がりきっててレベル高めな記事のがスルスル書けると思ったので←

IIDXの段位でいうと中伝(皆伝挑戦段階)〜皆伝の人に向けた記事になります、御容赦下さい。。

 

タイトルにもある通り低速(ソフラン)譜面の練習や対策の話になります。

正直中伝まではソフラン譜面を避けて通ってきても取得できます、が。

皆伝取得や全白を目指すとなると避けて通れなくなるものでもあります。ほんまやらしい

フローティングハイスピードを利用したハイスピ調整(通称皿チョン)だとノマゲや段位認定ではギリ通用しますが、ハードクリア以上やフルコンボ狙いだとそんなことすると曲によってはあっさりやられます。

自分は自称低速ちょこっと上手い部類の人なので、自己流ですが低速の練習や対策について書いていきます!

(あくまでクリアや接続面を重視した内容になります。スコア狙いは……)

※分からない人向け解説

ソフラン→曲の途中に曲と譜面が突然速くなったり遅くなったりすること。大体の音ゲーマーが嫌う譜面要素の一つ(偏見)

 

 

練習方法:緑数字を普段の2倍にしてプレイしてみよう

ギアチェンなしで低速を切り抜けるための練習としてはこれが手っ取り早いんじゃないかと思います。

ソフラン曲ってよく見ると低速部分がメインBPMの半分になってることが多いんですね

なので緑数字2倍で普通の曲をやって低速慣れしておけば急な速度変化にも対応できるってわけです(力技)

でも流石に遅い状態でいつもの目線でやるっていうのはかなりの鍛錬が必要だと思ってます。ですので低速でプレーするときは目線をいつもよりかなり下げてノーツを処理していきましょう。

まぶたが器用な人は眼球の位置はそのままで、まぶたを下げてレーンを半分近くまぶたで隠してプレーすると安定して譜面を処理できると思います(通称瞼サド)

メガネやツバ付きキャップを着用している人はメガネのフレームやキャップのツバを利用して譜面を隠すのも有効です。

それと上記の技を使った上で画面に顔を近づけるとかなり安定します。目を悪くしそうなのと外からの見た目が最悪なのでスマートにプレーしたい方にはおススメしませんが。。笑

上記の力技を駆使してでもいいので、まずは低速譜面を安定して捌ける力をつけましょう💪

緑数字2倍練習するときは、まず☆9辺りの曲から徐々にレベルを上げてやっていくといいですよ〜

緑数字2倍で☆12ハードできるようになれば正直卑弥呼のラストもギアチェン無しで繋げると思うので自信持っていいです。笑

 

ソフラン対策:小節線を意識しよう

ほとんどのソフラン曲は小節線でBPMが区切られているのでその区切り、BPMが切り替わるタイミングを意識して目線を上げ下げしていきましょう。(一部例外もあります。叙情はやく削除して)

この譜面だとBPM150から途中でBPM120に変化します。なので41小節目に入るタイミングで目線をすこーーし下げてやります。この曲はまたすぐ後にBPM上がるのでまたそのタイミングで目線を少し上げます。目が忙しいですね。

完全初見で曲も譜面も知らなくても小節線を意識して目線を動かす準備をしていればなんとかなるので、この手法は取得しておきたいところ。

 

・ソフラン曲をやるにあたっての緑数字の合わせ方

いくら低速練習しても曲を聞き込んで速度変化のタイミングを把握したとしても、最初に合わせる緑数字が合ってないとすべて台無しになります。

メインBPM→途中で遅くなる→メインBPMに戻る、みたいな曲だと普段の緑数字でOKなのですが

最初遅い→メインBPM、みたいな曲は最初の緑数字を弄ってやる必要があります。(例:ムンチャ、聖人の塔、FAXXなど)

今だと最低速時と最高速時の緑数字がそれぞれ表示される丁寧な仕様になってるので

曲開始前にフローティングを使ってる人は解除→最高速時にいつもの緑数字になるようにハイスピを合わせる→フローティングに戻してレーンカバーを調整する、でOKです

スコアを狙う点では厳しいですが、ハードクリア狙いやフルコン狙いには有効かと。

ですが上記の合わせ方は現行アーケード版での対策になりますので、INFINITASや過去の家庭用版だと別途計算が必要になります。

例として、BPMが2倍に上がる場合には緑数字を普段の2倍、1.1倍に上がる場合(ムンチャ、コンチェなど)は同様に緑数字も普段の1.1倍にすると最高速まで上がっても綺麗に処理できます。

曲によってはかなり複雑なことになりますが、そういう曲はすでに先駆者達が正解を出してるのでそちらを参考にした方が良いと思います(責任放棄)

 

とまあ、ざっくりですがソフランについての対策を書かせていただきました。

自分はICARUS†以外はハードしている身ですので、この曲の個別対策教えてくれ〜〜っていうのがあればツイッターでもコメントでも受け付けます笑

ICARUS†はソフラン対策だけじゃ無理だと思うんだ、うん… 冥の1000倍むずい。

今回はかなり上級者に向けた記事になっちゃいましたがここまで読んでくれてありがとうございます!

それではまた!